ファンド投資を行う際に確認すべきポイント

ファンド投資を始める際には、投資をする前に確認しておくべきポイントがいくつかあります。
投資前に色々事前確認する事をデュー・デリジェンス(DD)と言いますが、デュー・デリジェンスを怠ると、投資をした後に思わぬ損害を被るリスクが高まるので、しっかりと行いましょう。

重要なチェックポイントとしては、運用マネージャーの手腕、ファンドの解約条件、ファンドの運用手数料といった点が挙げられます。
まず、1番重要なのは運用マネージャーの手腕です。

ファンド投資が成功するか否かは運用マネージャーの手腕にかかっていますので、運用に関する知識やテクニックを十分に持っているかを確認する必要があります。

金融に関する知識が無いと中々見極める事は難しいのですが、そのような場合は、その運用マネージャーの過去のトラックレコード(過去の成績)を確認すると良いでしょう。

次に大事な事は、ファンドの解約条件です。
いつでも無料で解約できるというのが1番投資家にとっては好ましい条件ですが、大抵のファンドは解約に一定の制約を設けています。

解約の条件を良く確認し、自分のキャッシュフローニーズに合わないようであれば、投資は見合わせた方が良いでしょう。
最後になりますが、ファンドの手数料も重要な確認事項となります。

ファンド側への手数料が高いという事は、その分投資家への利益還元が少ないと言うことなので、手数料が高すぎるファンドは止めた方が賢明です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ