マイクロファンドは、個人投資家に対し融資して貰うというのが大まかな投資システム

日本には数多くの銀行や消費者金融企業が存在し、ローン契約や借金としての借り入れを容易に行なえるようになっています。
資金の援助を受けたいと思うのは、何も生活費に困っている方や大きな金額の買い物を行ないたいといったような個人だけではなく、新規で事業を行ないたいと考えている企業や資金繰りに困っている中小零細企業など法人の方が多いということも世間一般によく知られている事柄です。

当然ながら銀行や消費者金融系企業からの資金借り入れには審査があり、出資して貰いたい資金の金額にもよるとはいえ、審査は法人の方が厳しく行なわれる場合が多いです。

事業実績などに乏しい企業の場合大口の融資を行なって貰えず、資金の確保に頭を悩ませてしまうといったことも決して珍しくは無いと言えるのです。

そんな時に便利なのがマイクロファンドという投資システムであり、一口一万円から高くても数十万円程度の小額融資をネットなどから個人投資家に対し寄付に近い感覚で融資して貰うというのが大まかな投資システムです。

事業に将来性が見込めると判断されれば、又はその事業内容が好きで応援したいと判断されれば多くの出資者から資金を得ることが叶うので、場合によっては短期間で多くの資金が手に入ります。

逆にデメリットがあるとすれば投資を行なう投資家へのリターンが約束されていない場合もあるので、冒険をしたくないという投資家からの大幅な援助が受けられないというのがネックとなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ