商品ファンドについての基礎知識

世界的な経済の低迷が原因となり、銀行預金での金利も期待できない事から、資金効率の良い資産運用法をお探しの投資家の方が増加傾向にあります。
近年、様々な金融商品が開発され資産運用法として活用されていますが、その中でも注目を集めているものに商品ファンドがあるのですが、この商品ファンドという金融商品を資産運用法の1つとして取り入れるためにはこの金融商品の特徴を十分に把握しておく事が不可欠です。

商品ファンドについての基礎知識として、まず最初に、このファンドは投資家から集めた資金を利用し工業生産物、貴金属、農産物などを扱う商品先物市場と、為替、金利、株価指数などを扱う金融先物市場へ分散投資を行い運用する金融商品という事です。

一般的な投資信託は株式を投資対象としているものなので、このファンドは商品を対象にした投資信託であるといえます。
次に、このファンドの利回りは実績配当で分配されます。

このファンドには元本が割れないような元本確保型や、積極的に利益を狙う積極運用型などがあります。
この金融商品は預金保険制度の対象外であるという事は覚えておきましょう。

そして、この金融商品には償還期間があります。
この償還期間はファンドの種類により異なりますが、3年から7年程度のものが主流となっています。

このようにこの金融商品には幾つかの重要な特徴があるので基礎的な部分は必ず知っておいて下さい。
この金融商品を活用し資産運用を行う場合には、これらの特徴を把握する事が必須です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ