ネット証券業界の競争激化を利用してお得に投資を行う方法

インターネットが普及することによって、個人投資家が自ら株式などへ投資することが出来るようになり、また、規制緩和によって一株当たりの金額も少なく設定されるようになり、個人投資家が少ない資金で投資が可能になりました。

このような状況が生まれた背景にはネット証券の登場が大きな役割を果たしています。
1990年代に登場したネット証券は主に個人を対象とした証券会社であり、インターネットを利用した株取引などを専門に取り扱ってきました。

当時はまだネット証券も少なかったことから、株などの取引には手数料が多く必要で、少ない投資額では手数料分の費用が大きな負担となることも多く、個人での投資には注意が必要でした。

また、個人でネット証券に口座を開設するにあたって、口座維持のための費用やトレードに使うツールについても利用料が必要である場合も多く、株などの取引資金以外にも多くの費用が必要とされる場合もありました。

しかし、現在は多くのネット証券が登場したことによって、ネット証券業界の競争が激化しており、各ネット証券はサービス合戦を繰り広げています。

得に口座管理料などを無料としているネット証券は多く存在しており、また、取引手数料なども各ネット証券の競争によって引き下げなどが行われています。

このような状況から個人投資家にとっては、少し前に比べてお得に投資ができる環境となっています。
このネット証券業界の競争が激しい今こそ、個人投資家が投資を始めるには最適な時期なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ