ネットトレーディングをする上での注意点

ネットトレーディングはインターネットを介して株式取引をすることです。
インターネットでの取引が始まる前は証券会社の店頭に行って注文するか、電話で注文するという方法が取られていましたが、売買手数料が高く、一般庶民が手軽に行えるような代物ではありませんでした。

よって、売買手数料を劇的に下げることができたインターネットでの株取引により、一般市民でも株取引が手軽にできるようになったことは画期的であるといえます。

そのことにより、インターネットでの株取引を行うネット証券が日本国内においてもたくさん登場しました。
中には、一定金額内であれば売買手数料が無料という会社も登場し、株取引はより手軽なものになりつつあります。

売買手数料が劇的に安くなり、株取引が手軽に行うことができるネットトレーディングですが、注意点が何点か在ることも忘れないで下さい。
まず第一に挙げられるのが、誤発注という問題です。

ネットでの取引は全て取引者がブラウザ画面に発注数や取引方法、会社名などを入力しなければなりません。
つまり、パソコンをある程度使えないといけないわけです。
また、入力数を間違えてしまうことも十分考えられるので、発注前には十分確認するようにして下さい。

次に、セキュリティの問題です。
インターネットを使って取引するため、使用しているパソコンがウイルスなどに感染していると個人情報が漏えいする可能性があります。
ウイルス対策ソフトをパソコンにインストールするなどの対策が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ネット証券

このページの先頭へ