日経225先物取引の手数料について

日経225先物取引は、日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引の一つです。
国内では大阪証券取引所、海外ではシカゴ商業取引所とシンガポール証券取引所において上場売買されています。
この種の取引の中では一番早い1988年に開始され、東京証券取引所のTOPIXと並び代表的な商品です。

日経平均株価は、第一部に上場している約1,700銘柄のうち日本の株価に影響を与えると思われる企業225銘柄を対象にし、日本経済新聞社が制定して15秒ごとに算出して公表を行なっているものです。

さて、この日経225先物を売買するには、証券会社に口座を開設しなければなりません。
そこで、重要となるのが証券会社選びとなります。

その際にまず考慮に入れるのは手数料の金額でしょうが、それだけを重視するのではなく、総合的に見て納得のできる会社を選択することをお勧めします。

では、具体的に手数料を見てみますが、取引の単位は日経平均株価の1,000倍で、それが最低取引単位となり1枚と呼びますので、1枚当たりの金額になります。

個人投資家の利用が多いネット証券の中でも大手と呼ばれる5社の手数料を並べてみると、カブドットコム証券462円、松井証券315円、SBI証券525円、マネックス証券346.5円、楽天証券472.5円となり、最安値は松井証券と言う結果です。

但し、ライブスター証券では口座開設から2か月は無料のキャンペーンを展開していますのでこちらも要チェックです。

225先物では、情報量の豊富さや独自の売買ツールで顧客を多数獲得しているところもあり、多少手数料が高くても結果的に利益に結び付くこともありますので総合的な判断が大切になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ