先物取引のメリットと先物ガソリンの需要と取引時期

先物商品取引とは、値段と数量を決めておいて、双方の決めた日に商品売買する事を約束する取引です。
先物商品取引のメリットは、受け渡し日が将来でも値段がすでに決まっていますので、 将来の価格変動の影響が少ない事が挙げられます。
これにより、売る側も買う側も、将来の事業計画を立てやすくなります。

先物取引のデメリットは、資金が少なくても大きな取引ができる事から、損失も大きくなるという事です。
先物取引の商品には、先物ガソリンもあります。

ガソリンは、日本で主に自動車、航空機、工業用燃料に使用されているため、ガソリンの価格は自動車の販売数にも左右されます。
需要時期は、行楽シーズンの夏にガソリン価格が上がる傾向にあります。

他の先物商品と違い、先物ガソリンでの取引で一番難しいのは取引時期です。
ガソリン価格は様々な局面により変動していて、先物商品取引の投資家を困らせていると言えます。

資源のない日本では海外からの輸入となり、取引をしてから運送などの時間もかかり、その間に経済状況での変動要素もある事から、投資家には難しいところです。

これだけ変動があるガソリンに対して、先物ガソリンを取り扱う投資家の中には、行楽シーズンを外した時期に取引をして、備蓄しておく人達もいます。
先物ガソリンでの取引は難しい取引になるのは事実だと思います。

備蓄の施設などにも費用がかかりますが、非常時の備蓄も考慮しなければならない事から、先物ガソリンでの取引についても、投資家に限らず検討する必要があると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ