金先物取引をポートフォリオに組込み金融資産のリスク分散投資を

金先物取引とは、1年後に金を何gあたり何円で売ったり買ったりという、将来の金の売買を約束する取引のことです。
金先物取引は、担保として証拠金を預託します。
預託した証拠金の十倍以上の額の取引をするハイレバレッジの取引ですので、小さな値動きでも大きな利益を得ることが可能となると同時に、損失が大きくなることもあります。

価格変動が激しいと、追加証拠金が必要になることにも注意が必要です。
貴重な財産を増やすも無くすも、金先物取引はその仕組みとリスクを十分に理解した上で行うものだと心得ましょう。

金先物取引を選ぶには理由があります。
1つは、効率的に資産運用ができるということです。

また、標準取引とミニ取引があり、投資可能金額に合わせて選択できます。
不変の価値を持つ金はインフレにも強く、長期的な安全資産として見直されています。

金は株式や債券とはまったく違う値動きをする為、ポートフォリオに組み込むと金融資産のリスク分散投資の効果があります。
金は世界に通用する商品価値があり、世界に通用するお金とも言います。

無国籍通貨である金が、投資先として世界中からの関心を集めているのです。
投資用需要、工業用需要、宝飾需要の他にも、中央銀行等の公的機関が外貨準備資産として保有需要の為に金を常に購入しています。

このように、常時需要がある、普遍性の非常に高い商品です。
また、新興国の経済の成長に伴って、工業需要、宝飾需要が増加しています。

そんな注目の金先物取引のメリットとしては、市場で指値で購入可能なことにより安く購入できる可能性が高くなることです。
現物を扱わないので、貸し金庫等の保管費用が掛からないこともメリットだと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ