商品先物市場の方向性を見極める為の技術

商品先物取引を行う際には、あらかじめその商品の価格変動要因について理解しておく必要があります。
例えば、農作物などの商品先物取引では、主産地の天候が大きく価格に影響し、市場を動かす要因になる場合があるのです。
農作物の場合、生育期に生育地域で干ばつや冷害などが続くと農作物の不作が予想されるため、将来的な価格に大きな影響を及ぼすことになります。

その結果、それらの要因が直接的に市場を高騰させることに繋がるのです。
また、原油などは、産油国地域での紛争や緊張が価格に影響を与えることになります。

このように、商品先物市場には幾つもの価格変動要因があり、市場は絶えず影響を受けていますが、商品先物取引を行う上では、市場の方向性を見極める技術が必要になります。

先ず最初に、この市場の方向性をつかむ技術として、移動平均線があります。
移動平均線というのは、一定期間の価格の平均値を求め、その値を特定の期間の最後に付け足していくものです。

本日を含めた過去の特定の期間における終値の平均値を求めるために、市場の平均的な価格を把握し、大きな方向性を判断するのに役立ちます。

上昇している移動平均線の上で価格が推移している場合は、上昇トレンドが発生していると判断出来、又、下降している移動平均線の下で価格が推移している場合は、下降トレンドが発生していると判断することが出来るのです。

このように、商品先物取引では移動平均線を活用し、商品先物市場の大きな方向性に沿って売買する事が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ