商品先物相場に影響を与える要因

商品先物取引とは、将来の契約時に予め決めた金額で品物の決済をすることが出来る取引です。
将来の受渡日までに市場に大きな価格変動があった場合でも、予め決めておいた契約時の条件で取引が行えます。
市場では、農産物の価格や貴金属の価格は絶えず変化している為に、不確実性が強くなるものです。

それ故に、予め価格を決めておき、現在の価格が安ければ商品を買っておくことで、将来必要な物資を購入する時に役立ちます。
又、農産物の場合は、収穫できることが確実な場合、現在の先物価格が高い時に売っておきます。

このような先物取引で、将来の収益の予想をたてることができるのです。
この先物取引は本来は農作物や金属などの価格の安定や、将来的な収益の安定のために利用されているものなのです。

商品先物相場で取引を行う際には、予め幾つかのポイントを把握しておく必要があります。
特に、商品先物相場に影響を与える要因を理解しておく事は重要です。

先ず最初に、商品先物と天候は大きな関係性があります。
天候は大豆や小豆、コーンやコーヒーなどの商品にとって、とても重要な要素です。

これらの穀物は産地の天候が大きく影響し、価格を動かす大きな要因となることがあります。
生育期にこの地域で少雨や寒冷が続くと不作が予想され、相場を上昇させる要因になるのです。

又、原油などは国際情勢が価格変動要因となり、産油国地域での紛争や緊張も価格に影響を与えます。
このように、商品先物を理解する上では、価格変動要因を把握しておく必要があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ