改正された商品先物取引法の真意を探る

商品先物取引法は、商品先物取引や商品投資に関するそれまでの法律を一部変えることで生まれ変わった法律の名称です。
名称も変わったので以前の法律と間違ってしまうことは少ないですが、ほとんどの部分が改正されたのかというとそうではありません。

改正されたのは、変える必要があると判断された部分、今後の商品先物取引や商品投資分野を考察して用意しておいた方が良いと判断された内容などが、変更され組み込まれたかたちとなっています。

商品先物取引法へと変更された理由として多くの部分を占めるのは、単なる形式上の判断ではなく、時代に合わせるためには必要不可欠であると判断されたからです。

これまでの商品先物取引や商品投資に関する法律というのは、日本においてあまり明確な存在ではありませんでした。
そのため、商品先物取引や商品投資の市場が活発化すると同時に、トラブルや課題が増加してきたというわけです。

そこで、法律を根本的に見直すことが考えられたのでした。
ちなみに、法律が改正されたのは一度にがらりとではなく、数回のステップに分けて変更が執行されています。

企業の経理や損益管理に関することをより厳しく、細かく指定するということよりも、取引に関係するすべての人が、より安全で合法的な商品先物取引や商品投資が行えるようにする目的こそが、法律を変更に導いた真意に近いといえるでしょう。
そして、商品先物取引法が執行されたことで、安全性が高まったことになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ