先物取引における金の価格の将来性

国際的な経済リスクを反映して需要が急増し続け、現在その価値が大きく注目を集めているゴールドですが、現物市場での需給とともに、商品先物取引市場における取引にも多くの投資家が参入しています。

商品市場における多くの上場商品の中でも、特に価格形成についてファンダメンタルズの影響を受けやすいゴールドは、他の希少金属類として上場されているプラチナや銀と共に投資家にとって非常に扱いやすい商品として人気があります。

しかし、同時に昨今の世界的な通貨危機に対して有事のゴールドとの思惑からも買いが膨らんでおり、今後アメリカドルやヨーロッパユーロのリスクが更に高まることによって、資産防衛の観点からも投資家にとっては非常に重要な意味を持っていくことが予想されているのです。

こうした背景から、今以上にゴールドの先物市場も活発化していくことで、それに伴って裁定による利益確保を狙った投機の動きも高まることが予想され、同時に先物取引を絡めた現物買いの動きなども合わせて考えると、ゴールドをアセットマネジメントにどう組み込むかということは、投資家にとって喫緊の課題であるといえます。

また、現在通貨の裏付けを与える金本位制の復活もアメリカなどを中心に議論されており、世界各国の中央銀行による活発なゴールド取引の事情とあわせて考えると、ゴールドの価格動向は大きな経済的指標の意味も持ち、世界経済を占う上でも一段の注目が必要な情勢です。

投資家としては、先物取引をうまく活用してゴールドをポートフォリオに組み込みたいところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ