金融先物取引は商品先物と異なり、金融商品の金利などを取引するものです

近年、私達の身の回りには多種多様な資産運用法があります。
資産運用の際にはそれぞれの金融商品の特徴を把握し、しっかりとリスクを管理した上での資産運用が不可欠です。
デリバティブとは金融派生商品の事で、元々は金融商品の価格変動によるリスクを回避したり、リスクを認めたうえで収益を上げることを目的とした取引です。

デリバティブには先物、オプション、スワップなどの幾つかの種類があります。
このデリバティブの中でも、金融先物の取引は効果的な資産運用法として活用されています。

ここでは、金融先物取引の特徴についてご説明致します。
まず最初に、この金融先物取引とは商品先物とは異なり、金融商品の金利などを取引するものです。

金利先物では金利指数を取引対象とし、日本国内で取引されている金融商品にはユーロ円3ヶ月金利先物などがあります。
又、金利先物には株価指数先物もあり、株価指数を取引対象としています。

この主な株価指数取引は日経平均株価先物、日経225先物、日経株価指数300先物、東証株価指数先物などがあります。
そして、金融先物には国債先物もあり、これは、国債証券を取引するためのもので、中期国債標準物を対象としたものや、長期国債標準物を対象とした取引があります。

このように、金融先物取引には幾つかの種類があり、リスクコントロールを目的とした活用法や、積極的に売買を行いリスクを承認した上で利益を追求するために用いられているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ