ガソリンの先物取引は国際経済に左右されます。

ガソリンを製造する過程で元になっている原油は、国際間での移動が激しい商品で、国際社会での政治情勢や経済状況の影響を受けやすく、第1次、第2次オイルショック時や2001年9月11日の同時多発テロ、2003年のイラク戦争、北京オリンピックなどの影響で原油価格は高騰してきました。

エネルギー資源をほぼ輸入に頼っている日本は、原油価格の変動は国内経済や産業、国民の生活にも多大な影響を与えます。

原油は油田から採掘したままの状態のもので、精製されて石油製品となりますが、ガソリンの流通量は1位で需要と供給ともに最も高いです。

夏季の石油需要に備えて、アメリカでは毎年春の2月、3月にかけて原油を石油製品に精製する製油所で定期修理や点検が行われるため、この時期にガソリンの稼働率が低迷することや、季節による石油需要が変化し、レジャーシーズンの夏場には需要が多くなるため先物取引でもそれに連動して価格変動が起こります。

先物取引の価格は原油の価格のほかに、景気の動向、自動車の販売の動向にも影響を受けます。

売買方法は、システム売買による個別競争売買という方式で、取引期間は6か月以内です。
先物取引市場における取引は税抜き価格ですが、譲渡代金には課税されます。

先物相場である以上価格の変動が激しく、取引には十分なノウハウと経験が必要となり、投資初心者が手を出すと極めて危険で大きな損失をもたらす可能性が高い、難しい投資です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ