商品先物取引とFXの大きな違いの1つに注文の約定があります

近年、長引く世界的な経済の低迷から効率の良い資産運用法をお探しの方が増えています。
その中の選択肢の1つとして注目されているのが外国為替証拠金取引(FX)です。

このFX取引ではレバレッジが活用できるために、小額の自己資金でも高額な取引ができ、短期間で大きな収益を上げることも可能で、それ故に、資金効率の良い資産運用法として注目されているのです。

この為替取引と同じような取り扱いをされているものに商品先物取引がありますが、これらの取引には幾つかの大きな違いがあります。
ここでは商品先物取引とFXの違いについてお話致します。

まず最初に、これらの取引においての大きな違いの1つに注文の約定があります。
商品取引では注文しても実際に約定されないというリスクが存在します。

しかしながら、為替取引では注文が約定しないという事は殆どありません。
次に、商品取引には決済の期限が設定されており、その日時に反対売買を行い決済をしなければなりませんが、為替取引ではこのような期限は無く、いつまでもポジションを保有する事が可能です。

そして最後に、商品先物取引では仕手的な動きがあり、市場で価格が意図的に操作されるケースが見られます。
しかしながら、外国為替市場は取引量が大きいため仕手的な動きで市場を動かす事が難しいという特徴があります。
このように商品取引と為替取引には幾つかの大きな違いがあり、これらの取引を行う上では重要なポイントとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ