先物取引は、後日、商品を受け渡す時点であらかじめ決めておいた代金を支払うという仕組みです

先物取引は株やFXに比べて仕組みが複雑で素人が手を出しにくい市場と言われています。
失敗すると大きな損を出すこともあり、注意深く行わなければいけません。
どのような仕組みになっているのでしょうか。

先物取引とは、将来売買する商品の値段をあらかじめ決めておき、後日、商品を受け渡す時点であらかじめ決めておいた代金を支払う方法です。
買いから入る場合は受け渡し時に商品の値段が暴騰していれば、その差額で大きな利益を生み出せます。

逆に暴落していれば大きな損失になり、売りから入った場合はその逆で、暴落の場合に大きな利益となり、暴騰のときは損失となります。
投資家はその差額で儲けようとして取引を行います。

素人では難しいと言われるゆえんは、石油や金、農作物が今後どのように市場が動くかという予測が難しいことにあります。
また、リスクとリターンが背中合わせである傾向が強い上に、レバレッジを利用した取引が可能であるためにリスクを被ったときの被害が大きくなりがちだからです。

また、取引に専門用語が多く銘柄によって取引単位が異なるなど、素人には分かり辛いという点も挙げられます。
このような分かり辛さが原因となり、詐欺などもよくある商品で、分からないからと言って悪徳な業者の先物相場外務員のアドバイスに流されがちになってしまうといったケースが多いです。

先物取引は仕組みを十分に理解できるだけの知識を持った上で取り組むと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ