金融先物取引業者としての登録の有無が物語るもの

個人が先物取引を行う際には、金融先物取引業者を利用することになります。
先物取引に限らず、金融取引に関する法律が改正されたことから、金融先物取引業者は、業者としての登録を行うことが義務付けられるようになりました。

今まで、業者登録の必要がなかった外国為替を取り扱う業者に対しても、業者登録が義務付けられています。
個人が人生で初めて先物取引を行う場合、様々な点に注意を払うことになります。

色々な観点から、どの業者を利用すべきか、どんな先物取引を手始めに行うべきか、自分の頭で考えることはとても大切ですが、初めてであれば見逃してしまうこともあります。
たとえば、業者が法的にきちっと存在しているかどうかです。

金融先物取引業者としての登録があるかどうかは、利用することを考えている業者なら尚のこと、確認する必要があり、法律の改定に伴い、多くの業者は新たな法律に沿った処置を取っていますが、中には登録をしていないままの状況の業者もなくはありません。

業者登録をしているかどうかが、なぜ重要なのかというと、登録した業者は専門機関の管理下に置かれます。
つまり、登録している業者ならば、監視されている中業務を行っているので、信頼できる事業を展開していることが分かるわけです。

登録をしていない業者で、すでに口座を開設してしまっている場合は、できるだけ早いうちに現在の取引を完了させて口座を解約したほうが、危険が少なくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ