投資ファンドの所得や年収について

投資ファンドには、公社債投資信託と株式投資信託の2つが存在しますが、公社債投資信託とは、株式を一切組入れず公社債のみで運用するファンドの事を言い、株式投資信託とは、約款上で株式の組入を許されているファンドを指します。
投資ファンドによって相応の利益が生じた場合は税金を支払う義務があり、株式投資による所得は、譲渡所得と呼ばれています。

「投資ファンドの所得や年収について」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

新興国の中でも注目されるベトナムファンド

毎年約150万人もが社会に出る労働人口が多いベトナムは、人口が約9,000万人で2020年には1億人を超えようとしており、これからの成長が見込まれている国の一つです。
1980年代の半ばから長期に渡って安定したGDPの成長を遂げており、ホーチミンの株式市場の時価総額も2013年12月末で約842兆ドン、日本円で約4.1兆円規模となっています。

「新興国の中でも注目されるベトナムファンド」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

ファンド会社運用の投資信託の種類とは

ファンドとは一般的に投資信託の意味で使用されており、不特定多数の投資家から集めた資金の投資を運用会社が代行する金融商品を指します。
投資信託の種類は目的やニーズによってバラエティーに富んでいますが、大きく2つに分けられます。
一つは、株式に投資できる「株式投資信託」であり、もう一つが株式を組み入れないで金融債や国債の公社債を運用する「公社債投資信託」です。

「ファンド会社運用の投資信託の種類とは」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

投資ファンドを設立する為の条件

複数の投資家から集めた資金を運用して投資を行い、そのリターンを分配する仕組みを投資ファンドと言います。
ファンドの設立や運用は、平成19年9月から施行されている金融商品取引法という法律によって、一定の手続きを経なければ原則として行えません。
この法律の施行される前はファンドの設立に規制はなかったのですが、かつては一部に詐欺的なファンドも見受けられたことから、組合型投資スキームについても一般投資家に販売する場合には、投資信託やSPC等の有価証券規制と同様の開示が必要で、販売時において事前・事後の書面の交付や断定的判断の禁止、適合性原則の遵守など投資家の保護を講じるべきであるとして制定されました。

「投資ファンドを設立する為の条件」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

最近注目されている不動産投資ファンド

不動産投資ファンドは、不動産投資信託・REITとも呼ばれる名前の通り不動産を投資対象にした投資信託で、元々は1960年にアメリカで導入され、日本では2001年から始まりました。
多くの出資者によって、個人での売買の難しい大規模商業施設などへの投資が可能となっており、単独の不動産だけでなく複数の不動産に分散投資できることからリスクが減らせる点と、維持管理や売買においてプロに任せられることが特徴です。

「最近注目されている不動産投資ファンド」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

日本アコモデーションファンド投資法人の特徴

日本アコモデーションファンド投資法人は、賃貸住宅や社宅、学生寮・学生マンション、シニア住宅、サービスアパートメントといったアコモデーション資産を投資の対象にしています。
現代は家族構成や生活様式の変化に伴って住宅や滞在空間の需要が多様化しており、その様々な需要に対応した便宜を提供し、収益の安定確保を目指すものです。

「日本アコモデーションファンド投資法人の特徴」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

手数料によるファンド比較の重要性

ファンドとは一般的に投資信託の商品を指すことが多く、運用を行っているファンドマネージャーに支払う手数料が信託報酬と呼ばれるもので、毎年一定額が差し引かれます。
さらに投資信託を販売する証券会社や銀行などでは、投資信託の販売時に手数料が掛かる場合が多いです。
信託報酬については商品によって決まっているもので、同じファンド購入の場合にはファンド比較を行う必要性はありません。

「手数料によるファンド比較の重要性」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

日本ビルファンド投資法人の投資運用方針について

日本ビルファンド投資法人は、平成13年9月に日本では初の不動産投資法人として、東京証券取引所の不動産投資信託であるJ-REIT市場に上場を果たしました。
そのJ-REITの中でも、投資口の時価総数及び取得価格の合計が最大規模を誇っています。

「日本ビルファンド投資法人の投資運用方針について」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

東京に出店する飲食店を応援するファンド

東京の飲食店に投資するファンドが、現在様々なところで販売されています。
有限会社Tokyo Restaurant Fundは、2014年5月現在新規募集は行っていませんが、レストラン投資事業やその運営を中心にした事業を手掛けるため2006年設立されました。
5万円からの小資本で、レストランオーナーとして資本金に応じた利益配当はもちろん、オーナー優待券の受け取りや、各種売上データーの閲覧、メニュー開発会への出席などができます。

「東京に出店する飲食店を応援するファンド」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

平成16年に改正されたファンド法の目的と改正点

ファンド法とは、投資事業有限責任組合契約に関する法律の通称です。
従前は、中小ベンチャーファンド法(正式名称は中小企業等投資事業有限責任組合契約に関する法律)として、有限責任を担保する法律が制定されていました。
それ以前は民法上の任意組合が活用されているに過ぎず、全ての投資家が無限責任を負うこととなり、ファンドの組成に消極的にならざるを得ない状況でしたが、中小ベンチャーファンド法の制定によって、機関投資家以外の個人投資家もベンチャーファンドに投資できる環境が整います。

「平成16年に改正されたファンド法の目的と改正点」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ