ブラック企業に当たらない為の先物取引

新語・流行語大賞のベストテンにブラック企業という言葉がランクインした年がありました。
インターネットの掲示板に若者が書き込んだことが始まりで、その後、小説が発表され映画化されて世に広まった言葉です。
労働法で規定する範囲を逸脱したような劣悪な勤務環境、過酷な労働を強いる企業を総称して言いますが、明確な定義があるわけではありません。

「ブラック企業に当たらない為の先物取引」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

大豆先物取引の基礎知識について

先物取引のルーツは大阪の堂島米会所と言われ、現在も大阪堂島商品取引所として受け継がれています。
江戸幕府の規制などの苦難を乗り越え、今でいう差金決済を含んだ世界でも初の公認の市場として誕生した歴史があります。
先物取引の目的は、価格変動のリスクヘッジとそれを利用した利益を得る投機目的、適正価格の為の商品価格の調整機能など複数挙げることができます。

「大豆先物取引の基礎知識について」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

初心者にも優しい日経225先物

経済ニュースでなくとも通常のニュースを観ていれば必ず出て来る日経平均株価ですが、この指標を投資対象としている先物取引が日経225先物です。
初心者にも向いていると言われるこの取引ですが、その理由は日経平均株価が身近な指標であるという理由の他にも、様々な理由があります。
これは、取引単位は日経225先物やラージと呼ばれるものは日経平均の1,000倍で、日経225miniやミニと呼ばれるものが100倍となっていますが、取引に必要なのは実際の取引額の10分の1程の証拠金だけである点です。

「初心者にも優しい日経225先物」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

穀物先物取引の歴史と現状について

商品先物という言葉を聞いたことはあると思いますが、どんな取引をするのか説明が難しいと感じる人も多いでしょう。
代表的な商品として米があります。
武士が存在した時代は給料として米が支払われ、必要な物は米を売って金銭に変えるしかありませんでした。
その値段は需給関係で決定しますので、凶作の年には高騰し、豊作時には暴落を繰り返し安心して暮らすことができない状況でした。

「穀物先物取引の歴史と現状について」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

TOPIX先物取引ラージの例で概要を説明します

農産物では大豆や小豆、トウモロコシなど、鉱工業品では金や銀、原油などを対象として先物取引を行う商品先物取引を行なっている業者のことを商品先物取引会社と呼びますが、こうした会社を選ぶポイントはどのようなところでしょうか。
まずは基本的なこととして、経済産業省や農林水産省の認可を受けているかどうかという点です。

「TOPIX先物取引ラージの例で概要を説明します」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

先物取引の特徴と手数料について

先物取引には、金や原油といった鉱工業品やトウモロコシや大豆といった農業製品などの商品を対象にした商品先物と、日経平均株価などの指標の金融先物と呼ばれるものがあります。
特徴としては、まず通常の株式投資などでイメージすることの多い相場が上がる銘柄を買うだけではなく、相場が下がる予想をした時には売ることも出来る点です。

「先物取引の特徴と手数料について」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

先物取引についての詳しい解説が載っているサイトがあります

ある日、突然自宅や職場に電話がかかってきて、今後値上がりが期待される商品があると勧められた経験はありませんか。
それは取引業者からの勧誘の電話で、話を聴いて絶対儲かると言われると少なからず心が動きますが、先物が何かもわからないで取引するのは危険です。
先物取引についての詳しい解説が載っているサイトがネット上には沢山ありますので、まずはパソコンでそのサイトを開いて知識を得ましょう。

「先物取引についての詳しい解説が載っているサイトがあります」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

デリバティブ先物取引の分類

大豆や米などの農産物や、金やプラチナなどの貴金属、石油やガソリンなどのエネルギーまで、多くの商品が先物取引の対象となり市場で取引されています。
これら商品の他に金融商品の取引も盛んに行われており、例えばデリバティブと言われる金融派生商品があります。
デリバティブの対象となる商品のことを原資産と言いますが、その原資産の種類によって取引される市場が異なってきます。

「デリバティブ先物取引の分類」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

商品先物取引会社の選び方について

農産物では大豆や小豆、トウモロコシなど、鉱工業品では金や銀、原油などを対象として先物取引を行う商品先物取引を行っている業者のことを、商品先物取引会社と呼びますが、こうした会社を選ぶポイントはどのようなところでしょうか。
まずは基本的なこととして、経済産業省や農林水産省の認可を受けているかどうかという点です。

「商品先物取引会社の選び方について」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

公正な商品先物価格の形成と平準化

商品先物のルーツは徳川時代の初期に遡ります。
当時、商業の中心地であった大阪の蔵屋敷に年貢米が集められ、蔵元には米商人が集まり米市が自然的に発生したのが始まりです。
現在は、大豆や米、トウモロコシなどの農産物や、金やプラチナなどの貴金属、そして、生活に欠かすことのできない石油やガソリンなどのエネルギーまで、多くの商品が市場を通して取引されています。

「公正な商品先物価格の形成と平準化」の続きを読む

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ