ランキングで安定した位置にある日本の証券会社

日本には現在約300を超える証券会社があり、そのうちの25社が株式が上場されている上場会社となっています。
いわゆる従前の店舗型の形態に対し、追い着き追い越す勢いを見せているのが普及したインターネットを使って取引するネット証券各社です。
証券会社がネット上に姿を現し始めたのは、1999年の株式取引手数料の自由化がきっかけでした。

それ以前にも老舗の松井証券がインターネットサービスを開始していましたが、この自由化後にアメリカのイー・トレード証券やメリルリンチ証券が日本市場に乗り込み始め普及に拍車がかかりました。

現在、ランキング形式で証券会社の情報を掲載するサイトも増え、株式や注目のFX取引などの参考に閲覧する人が増えています。

かつては店舗や窓口を利用して営業マンに相談しながら、あるいは勧めに従って取引していた人々も、手軽にいつでも利用できるネット証券に流れが来ていると言えます。

ランキングを公表しているサイトによって評価が異なる場合もありますが、常に上位にランクインしているのが松井証券で、安定性があり、日本でのネット証券の先駆けとして常に業界をリードする立場にあります。

新興のネット証券にも負けないサービスが特長で、何と言っても10万円以下の手数料無料のサービスが、ちょっと株式投資を始めてみたいという初心者に人気となっています。

ランキングサイトの情報を参考にすれば、失敗しない株式投資が始められるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ