オプション取引の取扱証券会社を選ぶポイント

オプション取引とは、対象となる商品を特定の日に定めた価格で売買する「権利」を取引することで、オプショントレードとも呼ばれます。
先物取引が売買契約であるのに対し、オプション取引は権利の取引ということになります。
先物ならば期日が到来すると契約した値段で必ず売買しなければなりませんが、オプションの場合は売買する権利なので、不利になる時はその権利を放棄することが可能です。

つまり、損失はオプション料のみとなり、無制限に損失が発生してしまうという心配がありません。
この取引において、指定の商品を買う権利をコールオプションと言い、売る権利をプットオプションと言います。

このコールの買いと売り、プットの買いと売りというように、オプショントレードには4つの方法があり、この取引の対象となる商品を「原資産」と呼び、国内では、株式や株価指数、商品先物や国債などが挙げられます。

中でも個人投資家が取引できるのが日経225オプションで、証券会社に口座を開設しなければなりません。
初めからオプション用の口座を開設できる場合もありますが、初めに一般口座を作ってからというのが一般的です。

証券会社を選ぶポイントは、コストが安くて運用効率に優れていること、逆指値注文ができること、買い建てと売い建ての両方が可能であること、安心できるサポート体制が整っていることなどが挙げられます。

複数の口座を開設して手数料やサービスなどについて比較すれば、目的に合った使いやすい証券会社が見つかるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ