証券会社が取り扱う外貨MMFの特徴

外貨MMFとは、ユーロやドルなどの外貨で運用する投資信託であり、日本で売買可能な外貨商品の一つです。
元本を維持しながら安定した利益の分配を継続して行うことをスタンスとしている為、安全性の高い優等企業の国債や社債などが投資対象になります。
購入した時よりも円安になれば為替ルートの動きによって利益が得られ、その利益である為替差益の税金が非課税となります。

1万円程度から始められる手軽な投資信託であり、投資信託の休日以外ならばいつでも購入・解約が可能ですし、また、外貨預金と比べて高金利であることが多く、両替時にかかる為替手数料が安いという点も魅力です。

このように、外貨預金と比べても有利な点が多いのが特徴の外貨投資は、リスクを最小限にして年数をかけてゆっくり資産を増やしていきたい人に適しています。

外貨MMFは株の売買と同様、証券会社を通じて購入可能です。
証券会社では自社の資産と預かっている資産とを分別して管理している為、もし会社が倒産した場合でも影響がありません。

外貨投資を取り扱う会社は数多く存在しており、それぞれの会社の特徴を比較して選ぶ必要があります。
会社を選ぶ際にまず注目すべきなのが為替手数料で、その次に取り扱い通貨やサービスについて比較するといいでしょう。

手数料が安く、パソコンなどで簡単に申し込みや購入ができるネット証券は、初心者にお勧めです。

購入方法は、外貨MMFを取扱う証券会社に口座を開いて入金し、MMFを選んで注文するという簡単な手順となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ