証券会社の年収は金融業界の中でも特に高い

証券会社員の年収は、サラリーマンの平均年収に比べるとかなり高いものです。
一般のサラリーマンの平均収入は約450万円から500万円程度ですが、証券会社員の平均収入は800万円から1000万円程度となっています。

また、金融業界はメーカー等の他業界に比べると相対的に賃金が高い事で知られており、証券業界は金融業界の中でも特に収入が高い業界です。
但し、同じ証券会社勤務でも職種によって収入は大きく異なります。

例えば、営業職員やトレーダーなどは比較的収入が高い職種ですが、証券管理業務などを行う事務職の収入はそれに比べると相対的に低いです。

営業職やトレーダーの場合、収入は成果報酬が占める割合が多いので一概には言えませんが、平均収入は大体1000万円程度となっています。

これに対して証券管理業務などを行う事務職の収入は、500万円から700万円程度に抑えられているのです。
また、同じ営業職やトレーダーの間でも、個々人の収入には大きな開きがあります。
これは、これらの職種の給与はその人がどれだけの成果を挙げたかに大きく影響されるためです。

優秀な営業職員やトレーダーともなると年収が1億円を超える人もいますが、他方で500万円から700万円程度の収入しかもらっていない営業職員やトレーダーも数多く存在します。
証券業界は実力主義の風潮が強く、給与制度も成果に連動しているケースが多いため、このような差異が生じるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ