証券会社の手数料を比較しよう

かつては株式を売買する費用というのは非常に高く、かなり株価が上がっていないと、そうした諸費用の所為でマイナスになることがありました。
しかし、金融規制緩和のおかげで手数料も自由化されて、世界でもトップクラスに安い費用で取引ができる国となり、またインターネットの普及のおかげでネット取引も増えました。

ネットで口座を開いて、取引している人が既に百万単位で存在しています。
これは店頭取引を主としてる証券会社は死活問題となっています。

インターネット取引は、人件費をカットできるので、店頭取引ではとても太刀打ちできません。
店頭取引を主としている会社は主に富裕層を相手にして、直接、優良株や社債、国債を勧めるということに力を入れ始めました。

証券会社はそれぞれ特色を持つことで、顧客を確保しようとして、利用者としても、そういった証券会社を比較して自分にとって1番良い会社を見つけ出して、口座を開くことが儲けることの第一歩となってきています。

インターネット取引ならレスポンスの早さ、サーバーの安定性などが重要視されます。
必ずしも売買費用が安いところが良い所とは限らないのですが、それでも、最大の比較要素はやはり手数料でしょう。

手数料が安いと、僅かな株価の上昇でも利益を得ることができるようになります。
これは非常に大事な要因となるので、いろいろと比較することろを列挙して自分の取引スタイルにあう会社で口座を開くことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ