証券会社の営業としてお客様の役に立つ方法

営業という職種は、どの業界でも容易な職種ではありません。
人を相手にする職種であるため、一筋縄ではいかない役割を担うことになります。
証券会社の世界で、営業の仕事を行うことになったなら、まずは気持ちを整理することが大切です。

金融商品について勧誘しなければならず、ときにその行為に罪悪感を感じてしまうこともありますが、お客様に嫌がられる仕事しかできないわけではありません。
本来、証券会社の良さを伝えることこそが、営業の仕事なのです。

お客様に喜んでもらえる、役立てる仕事をするコツは、証券会社のあり方を理解することと、お客様のニーズを把握することに隠されています。

証券取引を検討するお客様というのは、金融商品に無知であることはまれで、以前なら、一部の人のみ証券取引を行っていることが普通でしたが、現代は幅広い範囲の人が証券取引に手を出しています。

メディアでも、証券取引についてはよく取り上げられているので、以前よりも身近な存在と言えます。
証券取引について少しでも知識があるお客様に役立つためには、さらに多くの知識を有していなければなりません。
また、お客様が好みの金融商品や、興味のある取引について把握しておくことがポイントです。

提案する金融商品に詳しいだけでなく、接することになるお客様のことを真剣に考えているということを伝えられるように、お客様が本当に欲しいと思っている情報を日ごろから収集し、会うたびに伝えることで信頼感が生まれる距離へと関係が縮まっていくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ