日本におけるブックメーカーの違法性について

ブックメーカーやオンラインカジノは、海外では法律で認めら、例えば、イギリスに住んでいる人がギャンブルサイトなどで賭けを行うことは法律で認められています。
これに対して、日本においては、こうしたギャンブルサイトを運営することは違法となっています。

ブックメーカーについても日本では違法性が高いといえますが、現状において日本でブックメーカーやオンラインカジノ等に参加して取り締まられた実例はありません。

インターネット上には、こうしたオンラインカジノは海外のものが沢山あります。
実際日本には、明示的にこれを禁止するような法律がまだありませんし、今後これがどうなるかは分かりません。

弁護士の見解では、やはり現行においてはこれを取り締まることはできないということです。
現在のこの対策としては、日本で発行がされたクレッジットカードでは、ギャンブルサイトに入金することはできなくなっていたり、こうしたサイトから送金された小切手を没収してしまう事等が行われています。

このように国内では、カード会社や金融機関が自主的に規制をしているのが現状です。
こうした対策を避けて、海外の決済会社を経由している例もあるので、こうした賭け事について、海外では合法化している国もあるので、財政的に問題がある日本でも将来合法に向かう可能性もあります。

多くの人がお金を使えばそれだけ市場の動きが活発になり、財政問題の手助けになるという声も上がっていますが、この点については、検討をしてみる価値が十分にあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブックメーカー

このページの先頭へ