ブックメーカーと日本の法律について

ブックメーカーは、様々な分野に対しての賭けを行うことでありますが、日本では公営競技以外は認められていません。
ただ今後の時代の変遷や国民的議論の中でも、そういった公営のブックメーカーが日本でも設立される余地はあるかもしれません。
なぜなら、カジノ構想の論議も根強くあるからです。

アメリカやイギリスでは、国が認可した会社はそれが行える仕組みになっていることもあり、その分野では先端を行っていると考えられます。
日本では、刑法犯として賭博罪を規定しており、賭博が暴力団の重要な資金源にもなっている背景もあり、厳しく取締りを行っています。

確かに、我が国の風土が勤労を尊ぶ風土であり、真面目な人種でもあるので、もしそういったカジノやブックメーカーが参入したら、良き風土が失われる恐れがあるからです。

また賭けを行える場所が沢山あると、従来の公営競技が廃れてしまい、そこでの売り上げで社会貢献をしていたのですが、それが行えなくなってしまうということもあるのです。

ただ、公営競技もその競技場に行って賭けを行う方法が、インターネットの普及と共に、ネット上で賭けを行うことが出来るようになりつつあるのは周知の通りで、現在では、宝くじ、競馬、競艇、競輪等のすべての競技が現地に行かなくてもネットで賭けることが出来ます。

そういったことを考慮すると人々の賭けに対するニーズを満たしつつあるといえ、バラエティーに富んだ娯楽性を追及できる賭け事が生まれても良いと言えるのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブックメーカー

このページの先頭へ