FXトレーダーとは専業・兼業でFX取引をする人を指します

最近はFX・外国為替証拠金取引の人気が高まっており、多額の利益を出す人も多くなってきています。
FXトレーダーとは広くはFX取引を行っている人を指し、専業のトレーダーと兼業のトレーダーに分けて言われる場合が多いです。
兼業のトレーダーは、サラリーマンといった本業をしながらFXを副業として行っている人で、こうしたトレーダーの最大のメリットは、会社などの厚生年金や健康保険をはじめとした福利厚生を受けながら資産の運用ができ、収入の保証がある点でしょう。

一方で、会社を辞めて専業のトレーダーになった場合には、福利厚生が受けられなくなり収入も断たれてしまいますが、1日中利益を追求出来るためサラリーマン時代には考えられなかった収入を得ることが可能になります。

会社に通う必要もなく、一日が自由に過ごせるので良い点ばかりに思えますが、実際に専業でトレーダーとして生計を立てるにはマーケットニュースといった情報収集が重要で、こうした情報を常にキャッチしなければならないため簡単ではありません。

専業のトレーダーとして安定した収入を得るには、利益を追求し過ぎてギャンブルになってしまう投資ではなく、時には守りに入ることも必要とされます。

FXに興味がある人で専業のトレーダーを目指す場合には、こうしたリスクも考慮に入れて決断することが重要になります。

現役トレーダーのブログなどがインターネット上で数多く見られますので、こういった体験談を参考にしてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:トレーダーズ証券

このページの先頭へ