トレーダーになるには何が必要か

トレーダーは、証券会社や投資銀行、保険会社などの金融機関で金融ディーラーと投資家を結ぶ役割を果たしています。
トレーダーになるにはまず金融系の企業に就く必要があり、このような企業に就職するためには、大卒以上の学歴が求められることが一般的です。
大手の金融機関になると就職したい学生が多く集まり、それだけライバルが増える可能性も高くなります。

その中から優秀な人材を選考する手段として学歴が重要視されており、そして、大卒以上の学歴を求める企業であっても、ほとんどの場合は学部や専攻などについて問わないようですが、金融学や経済学の基礎を学び、株式や経済について精通した人が採用される傾向にあります。

この職業は、常に市場の動向を把握して対応していかなければなりませんから、そのために豊かな知識に加え決断力や判断力も不可欠な能力と言えるのです。

また、こういった企業で活躍しているトレーダーには、大学院で経営学修士を取っている人も少なくありません。

必ず取得しなければならない資格はありませんが、証券アナリストや証券外務員、ファイナンシャルプランナーといった職種はこの仕事に関連する資格です。

難関を突破し、証券会社や投資銀行といった金融系の企業に入っても、新卒の場合はすぐにトレーダー業務に就くことがほとんどありません。
まずは、その他の関連業務に従事して経験を積み、能力と適性が認められてから初めてトレーダー業務に就くことができます。

それだけ、慎重に人材を見極めなければならない重要な業務であると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:トレーダーズ証券

このページの先頭へ