株式トレーダーとして成功するためには

インターネットの普及により、個人投資家がネット証券を利用して簡単に株取引を行う事も珍しい事ではなくなりました。
インターネット株取引の拡散によりネット・トレード方法の種類も多岐に渡り、1日で株などの金融商品の売買を完結させるデイトレードや、ある程度の利幅を狙い数日以内で売買を終了させるスイングトレード、数週間から数ヶ月の間に売買を行うポジショントレードなど、株式トレーダーは様々な方法で株の売買を行っています。

一般的に機関投資家や企業・法人の運用責任者はプロで、個人投資家はアマチュアだと表現される事がありますが、個人投資家でも研究や勉強を重ねてプロに負けない様に努力している人は大勢存在します。

個人投資家の強みはというと、投資を職業としている人々は短期的な成果や収益を求められて他社と競争しなければならなく、結果のみで評価されるのに対し、個人株式トレーダーは途中経過などで誰かに責められる事はなく長期的な成功を納得いくまで追求できます。

また、他社の意見に左右される事なく自分のポリシーで投資が行えるのも利点です。

株式投資で利益を上げていく為には、どんな銘柄を購入するのか、それをいつ購入するか、そしていつ売却するかの3つが重要な要素になります。

銘柄の選定から売却まで、あらゆる情報を計算する事で投資判断の精度が上がるのです。

具体的な判断材料は、全体的な相場がどちらに動くかを見抜く全体相場感、金利や為替といった経済動向、個別企業の業績動向や増資や推奨動向の様な受給動向、過熱感等を推し量るテクニカル面で、これらを身に付けた株式トレーダーは成功する可能性が高まると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:トレーダーズ証券

このページの先頭へ