FXの説明とFXトレーダーになる為には

FXとは、外国為替市場で外貨と日本円を売買し、為替の差益を狙う取引です。
その特徴は、外貨預金を例に挙げて比べると分かりやすいでしょう。
外貨預金は基本的に、当日午前10時の時点の為替レートが適用され、取引時間も原則として銀行が開いている時間帯に限られるのに対し、FXは24時間取引が可能で、その時々で変動している為替レートで売買ができます。

また、外貨貯金では外貨を買って円を売る事のみ可能なので円安時は為替差益を得られますが、円高時は損失となります。

しかし、FXは円を売って外貨を買うだけでなく、外貨を売って円を買う事から取引を開始するので、円高遂行時に外貨の売りから入って利益を上げる事が可能です。

また、小額の資金で大きな取引ができ、取引の自由度から兼業でFXを行っている人は数多くおり、その中には専業のFXトレーダーに憧れる人もいるのではないでしょうか。

FX取引のプロになる為には、取引に関する知識や取引スキルを磨く事も大切ですが、必ず利益を上げられるような手段を身に付けなければなりません。

FXはスワップ金利とレバッジ効果が注目されがちですが、専業トレーダーは普段からギャンブル要素が強いリスクを背負うような取引は行わず、利益目標を掲げ計画を立て、黙々とその計画を進めています。

一見地味な作業ですが、自分が行っている取引方法の勝率や利益率をデータ化して、自分の現在の投資資産で行う取引から利益がいくら出ているのかを計算し、年間でどのくらいの利益を上げる事が可能かを割り出し、確実に利益を出す事がFXトレーダーにとって最も重要な事なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:トレーダーズ証券

このページの先頭へ