FXのシステムトレーダーについての基礎知識

近年、インターネットは日本人にとって、とても身近な存在になりましたが、様々な投資がインターネット上で行えるようになっています。
FX投資もその中の1つで、世界中の投資家の方々がオンライン上でFX取引を行っており、このFX投資では、主にシステムトレードという方法が活用され、多くのトレーダーがある一定の売買システムの下で取引を行っています。

ここでは、FXのシステムトレーダーについての基礎知識について説明致します。
まず最初に、システムトレードとは、予め決められた売買ルールに基づいて機械的にポジションを建てるトレードのことです。

膨大な量の過去のデータを活用し、優位性の高いエントリーポイントを探し出してトレーディングシステムを構築します。
システムトレーダーは、この売買ルールに従って機械的に取引を繰り返します。

次に、このシステムトレードの仕組みについてですが、FXのシステムトレードでは、主にテクニカル分析が活用されます。
最も一般的な売買システムとして、移動平均線のクロスがあります。

これは、短期と長期の移動平均線がクロスした場所でエントリーするというものです。
この移動平均線のクロスでポジションを建てることにより、外国為替市場の大きな方向性に沿った最適なタイミングでポジションを建てることが出来ます。

このように、FXのシステムトレードとは、膨大な量の過去のデータを検証し、テクニカル分析を用いて優位性の高いエントリーポイントを見つけ出し、そのポイントでトレードを繰り返す方法なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:トレーダーズ証券

このページの先頭へ