totoで6億が当たるのはBIGクジと言う

totoクジには、自分でサッカーの試合の予想を行うタイプと、コンピュータが結果予想を行うタイプに分けられます。
また、自信があるサッカーの試合だけを自分で予想をし、残りの試合はコンピュータに任せるという買い方も可能です。

この、totoクジの中には最大で6億円という当選金額になるものがあります。
これはBIGクジと言うもので、キャリーオーバーが発生している時、最高金額が手に入るのです。

6億円になる仕組みはキャリーオーバーがあるからなのですが、キャリーオーバーとなる額は上限が3億円になります。
また、BIGクジは通常最高金額が3億円となりますが、売り上げに応じて多少下がる事もあるといわれています。

また、1等になる当選者が多数居る場合は、分配となりますので必ずしも6億という金額になるわけではありません。
それと、コンピュータが予想をしますので、予想をした番号が全て売れるわけではありませんし、当選番号を誰も購入していないと言う事もあります。

このようなケースでは次回に繰越とされ、1等の金額が最高額となるのです。
BIGクジでは、指定されているJリーグの試合が全部で14試合です。

全ての試合結果が一致していれば1等となります。
1つ外すと2等、2つ外すと3等、3つ外すと4等、そして4つ外すと5等という賞が貰えます。
しかし、全部で14試合ですので一番下の賞でもある5等になるのもかなり運に左右されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:totoサッカーくじ

このページの先頭へ