スルガ銀行が取り扱うジャンボ宝くじ付き定期預金の魅力

預け入れた金額に応じてジャンボ宝くじが進呈される定期預金があるのをご存知でしょうか。
1999年からスルガ銀行ANA支店で取り扱っており、高額当選も多く輩出していることもあって大変人気があります。
預け入れ期間は3年自動継続で、半年ごとに利率の見直しも行われるため金利上昇時にも安心です。

毎年5月にドリームジャンボ、7月にサマージャンボ、12月に年末ジャンボが発売から2週間で自宅へ届きます。
進呈枚数は預け入れた金額に応じて異なり、300万円1口の場合はそれぞれ10枚ずつ年3回届きますので、3年間で90枚届くことになります。

すべての宝くじは、高額当選続出の西銀座チャンスセンターで購入されています。
くじの組み合わせにもこだわり、連番、バラ、連番とバラ、通番の4種類のコースから選択できます。

定期預金を預けながら年に数回の宝くじの楽しさも味わえることで、貯蓄ができるだけでなく夢もみられるのが大きな魅力です。
一人何口でも申し込むことができますが、定額方式ですので1口100万、300万、600万、900万から選択します。

スルガ銀行は静岡県にある地方銀行ですが、ANA支店は全日空空輸と提携したネット銀行です。
取引に応じてマイルが貯まるということで、飛行機を頻繁に利用する方からも大変好評を得ています。

また、普通預金も定期預金も一度に管理できる総合口座での取り扱いですので便利に使えます。

勿論インターネットでの口座開設も可能ですので、興味がある方は詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ