宝くじが当たる人と当たらない人の違いや特徴

宝くじやロトくじは様々な種類が発売されていて、金額を問わなければ当たっている人がほとんどですが、高額当選を経験している人は少ないでしょう。
高額当選の経験がある人と、当たらない人の違いはあるのか見ていきましょう。
日本宝くじ協会は、1,000万円以上の当選者にアンケートを実施して、その結果を紹介しています。

男女の比率では2対1で男性の方が多く、年代別では男女共に60歳代以上がトップで、50歳から59歳に続いて40歳から49歳という結果になっています。

また、星座では水瓶座の男性と牡牛座の女性が最も多く、血液型はA型で会社員の方がトップで、宝くじの購入枚数の最多は30枚となっています。

購入してから抽選までの保管場所としては机の引き出しがトップで、続いて、神棚や仏壇そして財布等が多く、無くさずに大切に保管出来る場所が選ばれているのが特徴です。

購入歴としては10年以上の方が多く、継続して買い続ける努力が良い結果に結び付いていると言えます。

多くの購入者と接触する機会がある売り場の販売員さんからの声としては、真面目な努力家で無駄口が少ない人や、何事にも前向きな気持ちで良い方向に考えられる人は運が転がり込みやすく良く当たる傾向にあるそうです。

そして、高額当選者は購入する際のこだわりがある人も多く、売り場の雰囲気や自分に関連した数字の枚数しか買わない等、自分なりのルールを決めている人が多くいます。

今からでも真似できる事もありますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ