宝くじの保管や購入場所に最適な方角

普段はあまり意識しない宝くじの保管や購入場所にも、良い運気が集まると言われる方角があります。
購入場所に適した方角は、自宅から見て西か南が良いでしょう。
風水では、西は金運アップ、南は発展や直観力が上昇すると言われています。

明るく人通りが多い売り場で、混雑もなく近くに木やビルといった障害物が無ければ、更に運気が上昇します。
風水には、吉方位と呼ばれる生まれた年で決まり個人の生まれ持った方位があります。

この吉方位を活用し、自宅や職場からの最適な方角で宝くじを購入する人も多いです。

また、購入場所と同じ位に買ったくじの保管場所も大切で、仏壇や神棚へ置く人や鞄に入れて持ち歩く人と様々ですが、風水では北側の箪笥や押し入れの中が最適だと言われています。

特に北側の、日当たりが悪く暗く涼しい場所がお勧めです。

北は安らぎや寂しさを持つ方位とされていて、この場所で宝くじを休ませておく事は、その寂しさを解消する為に仲間を呼びお金を引き寄せてくれると言われています。

ですから抽選日まで静かに休ませることが大切で、置いておく際は購入した時のビニール袋から取り出し、金運アップの黄色の紙や布に包みましょう。
ビニール素材は金運を逃がすと言われていますので、このひと手間が重要です。

ほんの少しの下調べや心掛けで、良い運気が舞い降りる可能性が高まります。
自宅から見た方位が分からないという人は多いかもしれませんが、この機会に調べてみましょう。

ただ闇雲に買い続けるのではなく、当選をイメージしながらこれらを参考にしてみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ