宝くじに当たる方法について

買ってもなかなか当たることが少ない宝くじですが、買わないことには当たるものも当たりません。
実際にくじに当選した人たちが実践したことを参考にして、当たる方法を考えてみましょう。
まずは購入日ですが、宝くじ発売当日に買うという人は少なく、大安などの縁起がいい日やボーナス支給日、いい夢が見られた日、いいことがあった日やいい気分の日に購入する人が多いようです。

次に保管場所は財布の中が圧倒的に多く、それも普段使用している財布ではなく、宝くじ用の財布を用意して保管しています。

普段使用している財布だとカードやレシートでパンパンになったり、カバンに出し入れしたりして知らない間に汚れているので、いい気が入ってこないと言われています。

財布は黒の長財布がより良く、その後、神棚に上げているという人もいます。
後は普段の心遣いや気持ちの持ち方に気を留めて、自分に流れてくる気を良くする心がけも重要です。

ここまでの話は風水的なことが多く、どれだけ良い気を自分に流れてくるように行動するかが当選アップのカギと言えます。

他に、当選された方に多くいるイニシャルは、男性は一位から「T.K」「M.S」「K.S」で、女性は一位から「M.K」「M.S」「M.M」になっていて、男女ともに一位は苗字がKの人です。

購入枚数は10枚が一番多く、次いで30枚、20から29枚という結果になっています。
購入場所は同じ宝くじ売り場で買うのがいいそうで、顔見知りになると当たりやすい人からの情報や当たりやすい番号をくれることもあるそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ