西日本宝くじの紹介をします

西日本宝くじは、四国地方と中国地方及び九州地方の17県5指定都市が共同で販売しており、昭和33年4月に第1回が発売されました。
年末ジャンボ等のくじやナンバーズ等の数字選択式くじは日本全国で売られていますが、西日本では200円くじと100円くじ、スクラッチの3種類があります。
200円くじは幸運の女神くじや夏キラキラくじ、初夢くじ等の愛称で親しまれているネーミングくじで、100円くじやスクラッチと比較して高額な当選金額がセールスポイントとなっています。

幸運の女神くじは女神達が図柄になっているデザインが好評で、1等前後賞合わせて1億円という当選金額が魅力です。
年に2回発売されており、女神達が幸運を運んでくるという事で毎年人気となっています。

100円くじは100円という買い求めやすい金額が好評で、くじの図柄が四国や中国、そして九州各地域のイベントや名所、名産品等になっており、地元の人々から親しまれています。

スクラッチは、買ったその場で当選の確認が出来る気軽に楽しめるインスタントくじです。
お年玉スクラッチや幸運の女神スクラッチ等があり、1枚200円で販売されていますので、様々な種類のくじを楽しめます。

抽選会はすべて公開されて行われ、立会人が出席して1年間に20回程開催されます。

このうちの約5回は、西日本各地の市民会館やテレビ局のスタジオ等で行われ、アトラクション付の開催となっていますので、宝くじファンが楽しみにしているイベントの一つとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ