宝くじの換金は、1万円以下でしたらくじ売り場でできます

季節ごとに発売される大型宝くじを楽しみにしている人は多いことでしょう。
夏に発売されるサマージャンボ、秋に発売されるオータムジャンボ、春といいますか、2月の中旬あたりから発売されるグリーンジャンボ、そして、年末最後の楽しみである年末ジャンボ、これらが4大宝くじと呼ばれています。

他にも、ドリームジャンボや、その場ですぐに当たり判定がわかるスクラッチ、1週間の楽しみにすることができるロト6、ミニロト、ナンバーズなどがあります。

買い方や時期、当選金額、すべてがバラバラですので、自分が一番気になるくじを買うことをお勧めします。
ジャンボを買って季節ごとの楽しみにしたり、毎日の楽しみとしてスクラッチを買うのもいいですし、1週間の活力にロト6を買うのもいいでしょう。

様々な楽しみ方があります。
ちなみに、くじの交換できる期間は、当選番号発表から1年間ですから、当たったら忘れないうちにすぐ換金しに行きましょう。

後で良いと放置していると意外と忘れがちで、期限の1年はあっという間に経過してしまいます。

肝心の換金方法ですが、1万円以下なら全国のどこの売り場でも受け付けてもらえ、そこに5万円マークが書いてあれば、例外的に5万円まで換金してもらえます。

それ以上の金額の場合だと、みずほ銀行の本店、もしくは支店に行く必要があります。

手間がかかるかもしれませんが、銀行に行くということは最低でも5万円以上当たっているわけですから、忘れないうちに早めに行くようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ