億単位の賞金がもらえる宝くじの種類

宝くじの当せん金額は、購入したくじの種類やキャリーオーバーなどの条件により異なります。
ドリームジャンボ、年末ジャンボと言われるジャンボ宝くじでは、1等の当せんで3億円というように、最高金額で約1から3億円くらいの当せん金があります。

また、ジャンボ宝くじには前後賞があり、1等がはずれてもその前後の番号であれば前後賞の当せんとなるため、数千万円の当せん金を手にすることができます。

購入した中に1等と1等の前後の番号も入っていれば、1等プラス前後賞の当せん金を手に入れることが可能となります。

さらに、高い金額が当せんする可能性があるのがロト6やロト7で、これらは決められた数字の中から自分の好きな数字を選び、全て一致していれば1等当せんとなる数字選択式宝くじです。

CMでもおなじみとなり、キャリーオーバー発生中などという言葉を耳にする方も多いと思いますが、キャリーオーバーとは、抽選をしても当たりが発生しなかった場合、その回の当せん金額が次回の当たりに上乗せされるというシステムです。

そして、また今回も当たりが発生しなければ2回目のキャリーオーバーとなって金額が膨れていき、キャリーオーバーが続くほど当せん金額が高くなっていきます。

ただし、キャリーオーバーにも上限が決められていて、ロト6で最高4億円、ロト7で最高8億円となっています。
億単位のお金を手に入れることは夢のような出来事でが、こういったくじを買えば誰にでも可能性があるので宝くじには夢と希望があると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ