日本航空の株主優待制度について

日本を代表する航空会社の一つである日本航空の株主優待制度には、どの様な取り組みがなされているのでしょうか。
毎年3月31日及び9月30日現在で名簿に記載されている投資家に対して、JALグループの国内定期航空路線の割引券を保有数に応じて配布しています。
それに加えて3年(7基準日)連続して同一番号で所有している投資家に対し、保有数に応じて追加で割引券の配布を行います。

割引率は割引券1枚に対して搭乗日に適用になる大人普通運賃1名分の片道1区間を50%割引で利用出来ます。
小児の場合には、大人と同じく小児普通運賃1名分の片道1区間を50%割引で利用出来ます。

割引券の有効期間は、3月31日基準日配布分は5月発送予定で6月1日から、9月30日基準日配布分は11月発送予定で12月1日から1年間有効です。

そして、航空路線の割引券だけでなくJALパックツアー商品が正規旅行代金から7%割引で利用出来、航空割引券の発行に合わせてツアー割引券を国内ツアーと海外ツアー2枚ずつ発行します。

1枚で9名まで参加出来ますので、家族や友人同士の大人数の旅行でも安心です。

有効期間は、3月31日基準日配布分が5月発送予定で6月1日から1年間、9月30日基準日配布分が11月発送予定で12月1日から6か月間有効になります。

販売座席に限りがある場合や便によっては設定が無い場合、割引対象外のツアーもありますので、詳しい内容や不明な点は日本航空へ直接お問い合わせ下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ