株の初心者でも分かるテクニカル分析の説明

テクニカル分析とは、売買する為に最適なタイミングを探す分析の事を言います。
最適な買い時、売り時を探す分析なので、短期的には業績とは関係なく変動し、長期的に見れば業績と一致している株価の動きを理解する事が重要です。
最大のポイントとして、業績と全く関係なく安く動いた時に買う為にする分析で、タイミングを間違えて高く動いた時に買ってしまうと、ファンダメンタルズ分析と言われる銘柄選択は正しくても利益が得られる可能性は低くなります。

上手にタイミングを探す方法として、チャートパターンから分析する方法とテクニカル指標から分析する方法があります。

チャートパターンからの分析では、相場が同じような動きのパターンを繰り返す事が多くありますので、全てが当たらなくても、当たる確率の高い行動の回数を重ねる事が重要になります。

ローソクチャートと移動平均線を参考にして売り買いの分析をし、もう一方のテクニカル指標からの分析は、過去の値動きやローソクチャートを元に作成された指標を利用して、買いサインや売りサインを読み取り売買の参考にします。

難しいイメージがあるかもしれませんが、コツをつかみ慣れてしまえば大丈夫です。
チャートパターンだけでは難易度が高いので、チャートパターンと併せて指標を利用して分析すると良いでしょう。

初心者には専門用語も多い株式投資ですが、大体のイメージを掴む学習を繰り返して、実際のチャートを見て読み進めてみる事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ