SBI証券での株式投資などは、どの位のランキングに位置する商品なのか説明します

SBI証券はネット証券最大手の会社です。
インターネットで口座開設から売買までできるので、株取引がとても身近になっています。
ネット証券の口座開設数で第1位、個人投資家による株式や債券などの日計り取引(デイトレード)数で第2位、パソコンより手軽なスマホアプリを利用したスマホ取引数で第2位、成長を続ける人気のアメリカ株取引で第2位と様々なランキングで上位入りを果たしています。

特にグーグル、アップル、アマゾン、フェイスブックなどのアメリカ株の人気は高いですが、この取り扱いを行なっている証券会社はマネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社となっているのも人気の秘密です。

また、日中は忙しい会社員でも使える夜間取引を行なっている点も支持を受ける大きなポイントの一つとなっています。

投資初心者が始めてみるのに向いている投資信託は、どこの証券会社でも扱っているわけではありませんが、この人気ランキングでも1位に選ばれています。

投資信託は取扱数が多いことが選ぶ際のポイントですが、取り扱い商品も約1,800本と豊富に揃っていて、様々なニーズに応えることもできます。

2014年1月から始まった少額投資非課税制度NISAの口座開設数ランキングでは第3位となっており、通常取引では利益の20%の税金がかかりますが、NISA口座を作って取引し得た利益は投資金額の最大500万円まで非課税で、投資金額の少ない若い世代にも広く投資活動をしやすいように設定されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ