株価チャートの見方を学習する価値

投資の基礎である株価の見方は、今までの価格の動きが見た目で判断でき、初心者でも今後の予想ができるようになるので、学習する価値は大いにあります。
どんなに有名な大企業でも、株価は上がったり下がったりを繰り返します。
せっかく投資するなら、上昇基調の時に購入したいものです。

テクニカル分析とは株価の値動きから投資判断をする分析方法で、この分析を使い、わずかなデータのみで値動きを判断して利益を上げる人もいます。
絶対的では無くても、判断材料として大いに活用するべきでしょう。

チャートの基本はローソク足チャートで、ローソク1本の中で、始値、終値、高値、安値が分かります。

過去のデータが数字のみの表記では初心者には分かりにくいですが、ローソク足ならばグラフ化されているので、視覚的に判断できて全体の流れが分かりやすいので便利です。

ローソク足は流れを読む期間によって、一日の場合を日足、一週間の場合を週足、一か月の場合を月足、一年の場合を年足と呼びます。
このように、専門用語が多く複雑に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば問題ありません。

チャートの動きには多くの投資家の心理状況が影響しており、これを参考にすれば今後の動きが予測できます。
同じニュースの情報を聞いても、捉え方で売り買いの動きは大きく異なります。

世の中の動きに敏感に反応して、どの意見が大多数を占めているのかを知ることで、投資の勝率は大きくなります。
実際にサイトの画面を見ながら学習するのが一番であり、分かりやすく機能も充実していますので、調べてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ