株式などの投資、それぞれのリスクリターンと比較

現在ある資金を投じることで利益の追求を目的とし、大きな利益を求めた場合リスクも大きいものがあります。
このことを投資と呼び、主な投資対象には、銀行預金、債券や株式といった有価証券投資、家賃収入や土地の売却を目的とした不動産投資、投資対象を信託会社が運用することによりその収益を投資家に還元する投資信託など、種類も多く、これらを比較してみますと、銀行への預貯金にはリスクがなく確実に利益があるものの、利子として0.1%にも満たないものがほとんどなので利益を求めるには向きません。

次に有価証券投資ですと、投資対象によりリスクの幅が変わります。
例えば、価額の変動が少なく安定性があるものは、損益もまた大幅に変動することもなく、ローリスクローリターンです。

また、逆に変動が激しいならばハイリスクハイリターンとなり、幅も大きくなるでしょう。
投資先の情報を得て、選択と冷静な判断力が必要になってきます。

そして、不動産への投資ですが、これにはまず、土地やマンションの購入が必要になります。

最初に大きな資金がいるものの、家賃収入により利益を上げられるならば収益は安定し、もしもその土地に付加価値が付いた場合には、売却することによっても利益を求められます。

最後に投資信託は、リスクも証券と同じようにあるものの、この投資は投資家である本人が初心者でも運用の専門家に任せられるのが大きく、少ない金額から始められ、あらゆる株や不動産などの金融商品に投資できます。

このように、投資方法は様々ありますので、元本の保証や利益の追求によるリスクをよく考えて決定しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ