ゲーム感覚で始められるバーチャル株、そしてリアルでの投資

以前よりインターネットや発売されているテレビゲーム機、携帯電話のアプリといったソフトより、バーチャルによる株取引を体験できるゲームが登場しています。
これらは無料で始められるものが多く、バーチャルでのトレードとなりますので、現実のお金を使用する必要がなく、気軽に体験できるのが特徴です。
株取引のやり方を覚えてみたい方は、トレードの流れを覚えるためにプレイしてみてはいかがでしょうか。

投資先の価額増減チャートを見て未来の値段を予想し、バーチャルトレードを行い、その結果による損益が集計される仕組みです。
これらのゲームでのバーチャルトレードと現実の株取引とで違う点は、まず収集することのできる情報量の多さが主に挙げられます。

現実ならではの社会の動き、投資先の動向やその業界の景気などの得た情報により、今後の予想が立てられることなど、投資先を考える際に情報は最も重要です。

次に、売買をする際にはバーチャルではすぐに成立するものの、現実となると売りと買いの株価と数が一致しなければ取引が成立しませんので時間がかかることもあります。

そして、最も違ってくるのは実際にお金が動くところです。
バーチャルならば気軽にできるでしょうが、現実のお金が動くとなると平静でいられるかはわかりません。

時には冷静な判断と決断力が必要になります。

投資は利益を得ることもあれば損をするリスクもある世界なので、リアルで始めるならば十分に注意してお臨みください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ