株の暴落時どのように対処すればいいのか

投資家の誰もが、上がることを願って株を購入するものですが、ある日突然、暴落することがあります。
理由は様々なものがあり、なかでも、実体経済が悪化するというのが最大の理由であるようです。
マーケット全体が暴落しパニックになっているとき、投資家は自分の持っている株を売るのか保有しておくのかの決断を迫られます。

機械的に損切りできれば良いのですが、人間はロボットではないので、実際には迅速に損切りできない人が多いようです。
そのような場合は、まずどうみても値上がりの見込みがないと思われる銘柄から損切りするのが良いでしょう。

例えば、決算で大幅な赤字を連続で出している会社、社会的に大きなダメージを与える不祥事を起こした会社、長年粉飾決算をしていた会社、ヒット商品の旬が過ぎてしまった会社などです。

さらに、まともな会社であっても自分の買値があまりにも高く、どうみても天井で買ってしまった場合もいったん損切りするのが賢明でしょう。

逆に、保有していても良い場合は、日本を代表する国際的な会社で、どうみても相場につられて下げている場合や、配当が高い会社、株主優待が非常に充実している会社、個人的に会社を応援していて投機目的ではなく、本気で会社に投資をしている場合などが挙げられます。

いずれにせよ、暴落が実際に起こったときは、ニュースなどで大々的に連日報道されるので冷静さを失いがちです。
そのようなときこそ、落ち着いてポートフォリオの見直しをする必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ