NECの株価の推移についてみてみましょう

NECの状況をみると、現在はあまり良い状況とは言えません。
今後の良いニュースを探すとするなら、歴史的に見ても相当な低水準にある株価でしょう。
つまり、株価は相当の業績の悪化をすでに織り込んでいますので、ここからさらに下落することはあまり考えられません。

今後は大規模なリストラを実施することから、数年後には業績が回復する可能性もあります。
NECでは、合計で1万人規模のリストラを進めています。

リストラの対象になった方は気の毒ですが、投資する側にとっては、これを前向きにとらえる必要があります。
そして、今後については、不採算なところの切り離しが欠かせません。

また、新たな成長分野に特化していくことが求められます。
かつては、パソコンや携帯電話などで一大的なブランドを築いた企業であるため、将来は復活してもらいたいものです。

一般の消費者からの知名度も高いものがあるので、今後ヒットする商品を開発することができると業績も回復する可能性が高くなります。
アメリカの時価総額トップの有名企業も、かつては倒産寸前までいったことを考えると、この企業が将来復活する可能性はないとは言えません。

そして、業績の回復のためには、為替の動向も大きく影響することになります。
今まで円高に大きな影響を受けていたのが、こうした国内の家電メーカーです。

将来的に円安の方向に為替が変動すると、業績の回復にも良い影響を与えることになります。
そのためには、政府や通貨当局の働きが重要になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ