株の分析には様々な方法があります

日本市場にはたくさんの企業が上場しています。
投資家は、どの銘柄に投資を行うべきか日々研究をされていることでしょう。
投資を行う前には、株の分析を行うべきであり、様々な分析方法があります。

たとえば、各銘柄が今現在どれだけ割安か割高かを判断する指標として、PERやPBRなどが参考にされます。
PERとはPriceEarningsRatioの略語であり、現在の銘柄価格が企業の利益に対して何倍まで購入されているかを示す指標です。
この数値が高いと割高、低いと割安と判断されます。

PBRとはPriceBook-valueRatioの略語で、現在の銘柄価格が、1株当たりの純資産に対して割安か割高かを判断する指標として参考にされます。
一般的に、PBRが1倍を超えていると割高、1倍未満だと割安と判断されます。

他にも、自己資本比率が高ければ財務健全性が良いと判断されたり、流動比率が高ければ当面の資金調達の心配は少ないと判断されたり、実に様々な指標が存在します。

企業の業績や指標だけでなく、トレンドチャートの形で判断される場合もあります。
ゴールデンクロス形成や、デッドクロス形成など、いろんなチャートの見方があるのです。

他にも出来高を参考にしたり、移動平均線を参考にしたりします。
株の分析方法は、人によって異なります。

いろんな情報を集めて、自分に合った投資を行うようにしましょう。
一生懸命勉強を行えば、良い結果を残すことが可能となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ