有価証券報告書はインターネットで検索可能です

有価証券報告書とは、金融商品取引法に基づいて開示が必要な書類で、例えば、上場している会社の株式を持っている人がその会社の状況を知る事ができるものです。
また、公募されたファンドの投資証券を持っている人が、そのファンドの状況等を確認することも可能となります。

開示すべき事項については金融商品取引法に様式が定められており、会社やファンドの財務状況等が開示されるのです。
また、開示される時期についても同法律に定められていて、定期的に開示されることになっています。

この書類を閲覧する方法ですが、インターネットで閲覧することが可能です。
具体的には、まずはインターネットで「EDINET」というページを探します。

すると「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」というページが開かれ、このページの下の方に「閲覧」というタグのようなマークの下にある「有価証券報告書等」というところをクリックして下さい。

すると「提出者検索画面」という表のあるページに飛びます。
この表で、探している会社の名前など必要な情報を入力すると閲覧することができるのです。

またファンドの場合には、このページの左側にある「ファンド検索」というところをクリックして、「ファンド検索画面」という表のページに飛び、かかる表にファンド名などの情報を入力すれば、閲覧が可能となります。

書類は過去数年分にわたって確認することもできますし、閲覧するのに費用等もかかりませんので、興味をもった会社があれば閲覧してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ